薬剤師 女性の職場

薬剤師は今でも女性の職場

薬剤師をしていますが、私の部署は女性が8割。学生時代は男性7割の環境にいたため、不安でいっぱいでしたが予感は的中。配属直後に派閥問題にぶち当たりました。入社するや否や、先輩社員の悪口のオンパレード。

 

片方と仲良くすると、もう片方と上手くいかない。いい歳の大人になっても女の人間関係程面倒くさいものはありません。更には、若手が多い会社のためか、勤務年数が浅いにも関わらず責任の重い仕事や発表の場が多々あり、その度に若いんだから挑戦しなさいと。中堅社員も何かそのような場があるのなら納得いきますが、どう見ても仕事の押し付け。中堅社員の人の多くは押印がメインで仕事も選り好みしています。チェックをしてもらったり打合せでも派閥問題が…。派閥によって指示が変わるのは若手社員にとって本当に迷惑でしかありません。仕事とプライベートは分けてほしい。

 

若い会社のせいか福利厚生についてもいまいち。住宅補助も入社当初の借り上げ社宅は良心的ですが、一定の年齢もしくは結婚で借り上げ社宅を出ると補助は微々たるもの。扶養手当もありません。入社当初の条件にすっかり騙された気分です。

 

 昇進試験についても年々厳しくなるばかり。なかなか試験を受ける資格を貰えない上に、お給料の上がり方も千円単位で何年経っても新人と大差無しです。そのためか残業又は休日出勤で稼ぐしかなく、プライベートの時間が取れません。結婚出産して時短勤務になっても時間で帰れない始末。これじゃあ女性は働きにくいですよね。辞めたくもなります。

関連ページ

仕事が単調なのがいやな人の口コミ
薬剤師の仕事を辞めたいと思ったときするべきこととは?調剤薬局や門前薬局の激務がつらい!新人からベテランまでの悩み解決。

ホーム RSS購読 サイトマップ