製薬会社 転職

製薬会社からドラッグストアへの転職ってあり?

よく薬剤師にの転職で悩んでいる人で製薬会社からドラッグストアへ(薬局チェーン)への転職はどうなの?という疑問を持っている人は結構多いのです。
製薬会社への就職は結構難しいとされていて、今学生で薬剤師の資格取得をめざしている人の理想の就職先にあげられるケースが多いです。

 

製薬会社の働き方の種類jは様々

 

製薬会社ではMRの仕事や研究職の仕事、学術やDIなどがあり、MRの場合はいろんな医療機関に営業へ行くので社交性が高い人に向いてます。逆に研究職の仕事、学術や(DI「Drug Infomation」=新薬の情報を取り扱う仕事)などは閉鎖的で一生懸命知識の吸収をしていくイメージになります。

 

メリットが多い製薬会社

 

福利厚生がしっかりしている

 

会社の安定性が高く給料がいい

 

自分の実力を発揮できて、しっかりと薬学の勉強をしながら成長できる、もちろん仕事はハードに感じることも多いですし、残業もあるかもしれません。
でも、年収は700万円から800万円ももらえるし、基本的につぶれる可能性が低いので職を失う恐怖を持つ必要も少ないといえます。

 

製薬会社を辞めたい理由

 

そんな製薬会社でも辞めたいという人は多いです、特に多いのが女性の結婚です。やっぱり結婚するとなると長時間勤務は厳しいと感じている人も多く、いったん止めるか、そのままシフト制のドラッグストアへの転職を目指す方が多いです。
中には入社からそのビジョンを持っている人もいるぐらいなので、そういった考えを持っている人は多いのではないでしょうか?

 

製薬会社の仕事がハード、ということ以外には工場勤務になるので人間関係が希薄と感じている人が多いです。そして毎日がルーティンワークに感じられて変化を感じないことへの不満を感じてしまう人がいます。

 

ただ、製薬会社の競争率は高いので辞めるとなると周りの人から止められるケースがあります。ただ、自分の中に納得のいく理由があるのであれば後悔しないために自分の意志に従うほうがいいでしょう。


ホーム RSS購読 サイトマップ