ドラッグストア 店長

ドラッグストア・薬局の店長は大変?年収は?やりがいを感じる仕事?

ドラッグストアの店長のイメージはどんな感じでしょうか?お客さんとして薬局に言っても違いが少しわかりにくい部分がありますよね。

 

仕事内容はそんなに変わりませんが年収は大きく分かれてくるのでしっかりとチェックすることが必要になってきます。
店長や課長などの立場によってでもですが、大きくお店によって年収も変わってきますのでそこは求人を探す前にチェックすることが大事になってきます。

 

企業別薬剤師年収ランキング(平成25・26年版)

 

 

※ ここで表しているのは平均年収です。

 

マツモトキヨシ・778万円

薬局の売上高でもダントツのマツモトキヨシは年収も非常に高いです。

 

ウエルシア・761万円

ここも高いです!マツモトキヨシとそこまで変わらない平均年収になっています。

 

スギ薬局・713万円

 

こんなランキングになっています。かなり年収がいいように感じますが、実はほかの薬局・ドラッグストアと比べると大きく差が開いてしまいます。

 

9位の日本調剤は552万円で22位のアインファーマシーズ429万円といってかなり違いますよね。こういった業績に大きくかかわってきますのでそういったことを考えていくことが大事になってきます。

 

ドラッグストアの店長とは?

 

ドラッグストアの店長だったら薬剤師の資格が絶対に必要といえばそんなこともなく、実際には資格がない人でも店長を務めている場合があります、その場合は薬剤師よりも立場が上になります。

 

調剤薬局のように管理薬剤師が絶対に店にいないといけないわけではないので、そこは勘違いしないようにしてください。

 

そして多いのが異動、結構頻繁に起こりますのでそこは覚悟をしておかないといけません。薬剤師の場合は広い知識を社員と分かち合うこともできるのでやりがいを感じやすいですし、お店の数字が上がれば喜ばしいことになりますよね。そういった面で魅力を感じる薬剤師さんも多いです。


ホーム RSS購読 サイトマップ