薬剤師の求人なら希望の推薦人

薬剤師の求人なら希望の推薦人おすすめ探し方紹介!初めて転職の場合

 

薬剤師の転職、求人探しの時には基本的にハローワークで選ばれる人が多いですが、条件的に完全に満足がいってる人はかなり限られています。
なので、好条件求人を探すとなるとどうしても転職サイトに頼らないといけない状況になる人はほとんどです。

 

薬剤師の求人なら希望の推薦人の私として、注意をしたいポイントを紹介しているので、ぜひ求人探しのサポートとして参考にしてみてください。

 

まず、大事なのは自分探し!

 

 

自分探しというと大層に聞こえますが、これは自分の求めることを徹底的に探す、いわば内面の掘り出しになります。
条件、求める給料、病院勤務なのか、薬局なのか、調剤、研究職・・・どれが働きやすいのか?仕事にやりがいをもとめるのか?ライフワークバランスを重要視するのか?

 

一言に薬剤師といっても働き方はたくさんあるのでしっかりと、「仕事にわたしが求めること」をはっきりさせていくことが大切になってきます。
これを最初に決めておくだけでいい就職先と出会う可能性が非常に高くなりますし、コンサルタントにしっかりと希望を伝えておくことができます。

 

勧誘をされないために

 

よく、薬剤師求人サイトに登録をすると勧誘がしつこいんじゃないの?と思われたり、電話がひっきりなしにかかってくると思っている人がいますが、そんなことはないです。
最近は口コミなどでそのサイト情報というものが一気に広まってしまいますので、そんな営業方法をとってしまうところは廃止されるのがオチです。

 

ただ、場合によって、良かれと思ってコンサルタントがいろいろ紹介してきた場合に、ちょっとうっとうしいと感じる場合があったり、過度な営業じゃん!ととらえられてしまうこともあります。
そんなことにならないためにはどうすればいいのでしょうか?

 

はっきりと自分の意志を伝える

 

最近の求人サイトはとくに今すぐ転職する気はなくても登録だけして求人を見たい場合でも、全然問題はなく、その場合はその旨を伝えておけば求人の紹介などがしつこいこともないので、安心です。
なので、求人情報をたくさんほしいのか?それとも、今すぐってわけでもないのか?マイペースでやっていきたいのか?ということをコンサルタントに伝えておきましょう。

 

もしものために無料メール登録

 

万が一、しつこい、うざい!と感じた場合は即着信拒否、メール受信拒否でOKです。ただ、携帯電話でいちいち拒否に設定するのってめんどうですし、管理も面倒くさいですよね。
そこでGメールやヤフーメールなどの無料のメールサービスを利用することをおすすめします。

 

これであれば無料ですし、いくらたくさんメールが雇用がプライベートまで侵されないのでかなり使えます。多くの求人サイトに登録しておいて、いいのがあれば絞っていくのが効率がいいです。

 

おすすめの求人サイト数

 

 

数多くの求人サイトがあります、どれがいいのか?どのぐらい登録するのがベストなのか?これって意見が分かれるところ・・・
これに関しては一個だと少し物足りないです、比較対象が少なく、自分の求める条件にピッタリの求人が見つかる可能性も低いです。

 

かといって10個も登録するととにかく管理が大変、あの求人、どのサイトだったけ・・・今日はどのコンサルタントに会うんだっけ・・・と頭がこんがらがってしまいます。

 

数でいうと3〜5がベストと言えます。余裕があればそこから増やしたり、少し多いと感じれば減らすといいです。

 

選び方は絶対に口コミで評判、さらには満足度が高いサイトを使うに越したことはないです。もちろん、求人数が多いところも見逃せません。

 

当サイトで紹介しているおすすめ求人サイトは、このような条件のもとにランキング形式で紹介しているのでぜひ利用してみてください。

 

まとめ

 

とにかく、自分の意志をはっきりさせて、職場に望むこと、コンサルタントに望むこと、をしっかりと最初に伝えることが大事です。
最初に!ってところが大事です!譲れない部分があれば妥協せず、いろんな求人サイトにお世話になるのも全然アリだと思います。

 

最初になにを登録すればいいのかわからないという場合は絶対にリクナビ薬剤師をおすすめします。求人数の多さ、リクルートの信頼性を考えると絶対にはずせない求人サイトです。

 


ホーム RSS購読 サイトマップ