管理薬剤師 勤務時間

管理薬剤師の仕事内容は?勤務時間や兼務から年収情報まで

管理薬剤師の仕事内容は基本的に薬剤師の通常の仕事に加えて、店舗内を管轄するマネージャー的な働きをします。

 

法律では、医療や薬を扱う場所には必ず一人は管理薬剤師を置いておかないと決まっていて、もしも、管理薬剤師がいない場合は薬の営業が止まるか、あるいは別の薬剤師に代行してもらうことになります。

 

勤務時間は?

 

勤務時間は週40時間、つまり、一日8時間を5日なので、一般的なサラリーマンとさほど変わることはないです。
ただ、ドラッグストアの営業時間が最近はかなり長くなってきているので残業は多いのがデメリットといえます。

 

その上、ある程度管理能力、リーダー的な資質は必要になってくるのでコミュニケーション能力を磨く必要があったり、トラブルが起きたときの対処もしっかりとできる能力が求められます。

 

メリットは?

 

もちろん、メリットもあります。それはやはり年収です。年収は一般的な薬剤師よりも多くなるので、そこに魅力を感じている人は管理薬剤師として募集をかけている職場に転職するといいです。

 

責任感を感じることもありますが、もちろんそこにやりがいを見出すことができればいろんな経験を幅広く積むことができるので今後のキャリアアップにも生かせることは間違いありません。

 

兼務できるの?

 

基本的に管理薬剤師の兼務は認められていません。ただある条件を満たしている場合は兼務できるので、狙ってみるのもいいかもしれません。

 

ある条件は学校薬剤師だったり、医薬品製造管理者、再生医療等製品営業所管理者などであれば、許可書を申請すると兼務できるようになります。そういった点は薬剤師求人サイトでも教えてくれるので利用してみるのもありです。

 

学校薬剤師との兼務はおすすめ

 

管理薬剤師の兼務の中でもおすすめなのが学校薬剤師との兼務です、学校薬剤師はそこまで給料は高くない分、自由度が高く、毎日とても忙しいということはないので非常に兼務にむいています。

 

普段の仕事に加えて、学生や地域との関わり合いもできるし、楽しんで働いている薬剤師さんも増えています。


ホーム RSS購読 サイトマップ