新人薬剤師

新卒・新人薬剤師が辞めると次の転職が大変になる?

新人薬剤師は初めての職場ということもあり、いろんな面でストレスを感じ不安定な状況が続くことになります。
ほかの新卒の会社員と同様でゴールデンウイークが終わるとやめてしまう薬剤師も実際に多く、3〜5月の時期には転職される方も実際に多いようです。

 

アンケートによれば6割の人が一年以内にやめようと思ったといったデータがある通り、多くの人が抱える、あついは通ってきた悩みと言えるかもしれません。

 

新人薬剤師の悩みその1(人間関係)

 

新しい職場になかなかなじめない理由の一つとしてはやっぱり人間関係です。全員知らない人で先輩との関係性も大きくかかわってきますので人間関係を構築するのが難しかったり、職場が忙しすぎるため十分なコミュニケーションが取れないといった問題もあるようです。

 

新人薬剤師の悩みその2(激務)

 

しっかりと経験を積んで、キャリアアップを目指そうと思っていても最初の職場があまりにもしんどくて夜勤も多い場合はかなり辞めたいと思う理由になります。ドラッグストアチェーンなどは長時間勤務になりますし、製薬でも新人薬剤師は雑務に追われることがほとんどなので想像よりも大変に感じることもあるようです。

 

新人薬剤師の悩みその3新人教育制度について

 

いくら薬学を学生時代に勉強したとしても実際の職場で働くとなった場合はさっぱり、右も左もわからないのが当然です。その状態で頼りになるのが充実した研修制度があるのかどうかです。

 

これがしっかりとしていないとなかなか仕事を覚えるのに時間がかかってしまって、ミスが増えたり、いざこざが多くなってしまって働きにくい環境に感じてしまうこともあります。

 

辞めるとダメなの?

 

短期間でやめるとやっぱり転職先での信頼は下がってしまいます。辞めた理由なども面接では聞かれると思いますので、できるだけ転職履歴を短期間で増やさないほうがいいです。

 

ただ、面接対策をしっかりとすうることによって十分に解決することができるので、転職サイトのコンサルタントにいろいろと相談に乗ってもらうのもいいかもしれませんね。


ホーム RSS購読 サイトマップ