調剤薬局 病院

調剤薬局と病院 薬剤師の仕事の違い、大変さの違いって?

「調剤薬局で働きたいけど、最初は病院に勤めた方がいいって先生に言われたんですけど…」

 

先生に言われると、そうなのかなって思ってしまいますよね。でもこれは、一昔前によく言われていたことで、いまはその人の考え方によるので、「最初は病院勤めの方がいい」とは限りません。

 

調剤薬局では、基本的に丸1日のほとんどを内服薬の調剤と服薬指導、指導録作成に費やします。薬局によっては、在宅医療をにない、インスリン以外の注射薬を扱う薬局もありますが、在宅医療はまだまだ発展途上の分野。特に街中の薬局は、調剤だけのところが多いですね。

 

そのため調剤薬局で働く薬剤師は、「毎日似たようなことの繰り返しばかりで、単調な仕事」と思ってしまうこともあります。

 

じゃあ、調剤薬局の仕事は退屈なの?

 

いいえ、そんなことはありませんよ。総合病院前の薬局で働けば、複数の科の処方箋とお薬に接することができます。いろんな科の勉強をしたい、処方箋がみたい、お薬を扱いたい方は、総合病院の門前薬局がおすすめです。

 

もちろん、中小病院や個人病院前の門前薬局にも魅力はありますよ。科があるていど限られるから、その科のエキスパートになれるのです。
現代では「専門薬剤師」が増えてきているので、特定の科に注力できることは転職する際にも大きな強みになります。それに、調剤薬局ではOTCが扱えることも、大きな魅力ですね。

 

人の意見は聞いたほうが良いのか?

 

先生は、調剤薬局より病院の方が仕事のやりがいがあるって言うけど…っていいながら迷ってしまう人も中にはいます。
仕事のやりがいは、その人の性格やどういう薬剤師になりたいかで、それぞれ変わってくるので、あくまでも参考程度にして自分の意見に従うことが最も望ましいです。

 

病院薬剤師の業務は、確かに調剤薬局の業務よりも多岐にわたります。内服薬の調剤、服薬指導、注射薬の調剤、調製のほか、カンファレンスへの参加、各種委員会への参加など、チーム医療を課題とした他職種とのさまざまな関わり合いも必要になってきます。

 

また、総合病院以外の中小病院の薬剤科では大抵、人員が限られるため、仕事をいくつも掛け持ちする必要が出てきてしまうのですね。
他職種と働くからこそ、「薬のことは薬剤師」とあちこちで頼られ、その分、仕事が増えます。それを「やりがいがある」と感じるかどうかです。「いろんな仕事がありすぎて目まぐるしい」と考える薬剤師もいるのですから、ほんっとーに人それぞれ悩みも違えば希望も変わってくるんですよね。

 

病院に勤めるとそんなに大変なの?

 

業務の種類は調剤薬局よりも確実に多いです。けれど病院も調剤薬局と同じで、そこの職場によりますよ。

 

総合病院、中小病院関係なく、人員が足りなければ新人であっても即戦力を期待され、調剤、服薬指導以外の仕事も任されますし、逆に、先輩が多い職場や、特定の科の病棟に配置されると、わりあい決まりきった仕事をこなす日々になるかと思います。


ホーム RSS購読 サイトマップ