パート アルバイト

普通の薬局・ドラッグストアで働くパート・アルバイトもしんどい?

主婦になったり、あまりにも以前の調剤薬局・病院薬剤師の仕事が忙しくて大変だったからパートやアルバイトとして働く薬剤師の方はかなり多いです。
やっぱり時間的、精神的な余裕もできるし、調剤をしない分かなり責任やプレッシャーも軽減されますし、女性特有の薬剤師の職場が苦しい、人間関係が最悪だったと思う人にはかなり働きやすいです。

 

すこし余裕をもってのんびりと資格を活かしながら働けるのはパート・アルバイトの大きな特権とも言えますね。
しかも、通常のパートアルバイトに比べるとかなり自給も高く、相場は2000円以上から4000円になるので、家計を支えるには十分と感じている人も多いようです。

 

ただ、デメリットとしては正社員に比べて安定性が低いです。そして働く場所が地域のドラッグストアや薬局がほとんどで、なかなか病院でパート・アルバイトの求人は表に出てこないケースがあります。
これは非公開求人で探さないと見えてこないですし、一般の求人雑誌で載っているものよりも好待遇・好条件であるので転職・就職をする際には必ずチェックしておいたほうがいいです。

 

〉〉非公開求人の正しい探し方、今の職場を辞めたい時にすべきこと

 

最大のデメリットはやりがいの有無?

 

基本的にアルバイトやパートの場合は通常の薬剤師の仕事以外に荷物の搬送やレジ打ち、細かな金銭チェックなどをしたり、その他雑務も一緒にくっついてきます。

 

あれ?求めてた働き方と違うと感じることもあります。ただ、そういった仕事でのやりがいは自分で探していくこともあるので、いくらでも改善することができます。

 

数が増えてくる薬局・ドラッグストア

 

消費者の立場に立ってみればわかると思いますが、薬局やドラッグストアの数は年々増えてきています。というのも実際に薬局で買うほうがスーパーで買うよりも日用品の価格が安かったりするため、今後もこの流れは変わらない可能性もあります。

 

そして、忙しすぎるがゆえになかなか薬剤師同志のコミュニケーションが取りにくかったり、そもそも忙しすぎて、人の働きを見る暇もなく、ただ仕事をして帰るの繰り返しになっている人も多いのです。

 

こういったことを考えてみると、薬剤師の仕事の幅の広さを感じますし、一言に薬剤師を辞めたいと思っても、その理由がまちまちで多岐にわたることもわかると思います。

 

しかも主婦である場合には、シフトが朝しか入れないなどの制限があったりするため、なかなか人材が集まりにくいという特性があったり、フルでは入ることができないという可能性もありますので、たくさんはいれる人への負担がかなり多くなってしまうこともあります。

 

ですので、まず薬剤師でドラッグストアで働く前には、その点を確認しておき、もしもドラッグストアを辞めて別の働き方を探したいと思っている場合には、働きながらでも次の職場や働き方を決めておき、次のステップを日常的に考えて、計画を立てておき、スムーズに次に進むようにしましょう。

 


ホーム RSS購読 サイトマップ