薬剤師 ブランク 研修

一度薬剤師を辞めてしまった・・・ブランクでも研修でなんとかなる?

結婚をきっかけに一度辞めてしまった・・・
以前働いていた場所で人間関係に苦しんで辞めてしまった・・・
残業の多さ、休みの少なさ等の激務でやめてしまった・・・

 

薬剤師の仕事を一度離れるともう一度働くのって結構大変なんじゃないの?って感じますよね。もう一度膨大な知識を手に入れないといけない、リズムを合わせるのも大変だし、そもそもブランクがあると良い求人には採用されないんじゃないの?と感じる人も結構います。

 

ブランクが空けば研修を受けるのが鉄則

 

これは当然のことですが、ブランクによって知識・技術が落ちてしまっている状態でそのまま復帰することは危険ですし、いい人材にはなれません。そのため、しっかりと勉強をし直すことが大切です。

 

もちろん、薬剤師の世界は法改正も多く、いろいろと以前と変わっている部分もあるのでその量も多く、勉強以外にも実践的な経験も必要になってきます。

 

薬剤師のブランク対応法

 

薬剤師のブランクに対応するのであれば公益財団法人の日本薬剤師研修センターを利用することをおすすめします。認定薬剤師とは、研修認定薬剤師制度のもと、倫理、基礎薬学、医療薬学、衛生薬学及び薬事関連法規・制度などを勉強をして所定の単位を取得したと申請した後、認定された薬剤師といわば証明してもらうものですので、あなたは薬剤師にふさわしいですよ!という証明をもらうことができます。

 

研修者制度がある職場は多い!

 

そしてもう一つは実践で経験をしていくことが大事です。薬剤師の求人によっては人材が全然足りていない場合がありますし、ママさん薬剤師に優しい職場ということもあり充実した研修者制度を設けているところもあるので、そういったところで再就職をすると安心です。

 

ただ、一般発行の求人雑誌に載っている情報は制限されているので、非公開求人が多く、ブランクがあっても歓迎してくれる求人を多く有している薬剤師求人サイトを利用することをおすすめします。

 

やる気があればOK

 

いくらブランクが長くても、職場復帰をするのであればもう一度しっかり学ぼうという意欲さえあれば特に問題ありません、たとえ、今まで調剤を未経験で、大手ドラッグストアチェーンでしか働いたことがなくても問題がありません。

 

リクナビ薬剤師はかなり薬剤師の職場との接点が深いです。そのため、実際に調剤未経験の薬剤師が、調剤をしたいということで、ブランクが空きながらも面接した結果、その時の面接官は「明るく素直で、意欲が非常に高いのが素晴らしい」と高い評価を得ているので自信をもって面接をしても問題ありません。

 

不安なことは全部お任せ

 

履歴書の書き方、面接の作法などブランクが長ければ長いほど感覚をつかむことが難しくなってしまいます。そんな時にもしっかりとコンサルタントが支えてくれるのでぜひ、いろいろ不安や疑問に感じた事は聞いておくようにしましょう。

 

誠実で、やさしさをもってサポートをしてくれるので、かなりいい感じですよ。

 


ホーム RSS購読 サイトマップ