仕事 激務

仕事が激務!しんどいと感じるポイントと対策まとめました

薬剤師は人があふれている?少ない?本当に安定した職種なのかってことは正直わかりませんし、今後もどうなってくるかわかりません。
調剤薬局に関しては全国のコンビニよりも数が多いですし、職場の数はかなり多いです。

 

そんな薬剤師の仕事・・・結構楽!と感じている人もいればこんなに激務だとは思わなかった!と後悔する人もいます。

 

ドラッグストアは体力勝負

 

最近ではマツモトキヨシなどの大型薬局チェーンで働く薬剤師さんが増えてきました。特徴としてはかなり拘束時間が長く、立地的にお客さんが多いところだととにかく忙しい場合があります。
そして薬剤師の専門ではない、品出し、レジ打ち、金銭の確認などの業務もやることになるのでそこが満足いかない薬剤師さんもあります。

 

勤務は基本的にシフト制。自分らしく働けるように多少は調整してもらう必要があります。

 

門前薬局は一人だとキツイ

 

 

田舎とかの門前薬局の場合は一人でお店を回すケースも多々あります。その場合はかなり大変で、ミスをチェックする人がいない分責任が重大、しかも、混んでしまうと焦ってしまったり、お客さんにクレームを受けてひどく落ち込んでしまうことで辞めたいと感じることもあります。

 

ドラッグストアに比べると精神的に疲れるといった感じですね。そして、病院にはいろんな科があるので幅広い知識が常に頭に入っていない状態でないと働くことは難しくなります。24時間営業を行っている店舗では夜勤も多く深夜は一人が基本的です。ただ、経験を積みたい人にはメリットもあるのでしっかりと能力UPしてキャリアアップしたい人はねらい目です。

 

総合病院内の薬剤師は人間関係が難しい

 

総合病院で働く薬剤師の場合は医師や看護師と一緒に働くことになるので、立場の低さからかなりいざこざを感じる人がいますし、その状態で働くとなるとかなり精神的に疲れて鬱っぽくなったり、辞めたいと感じることもあります。

 

立場を下に見られるかどうか?どのような付き合いになるのかはその病院によって変わってきますがしっかりと意識しておいたほうがいいかもしれませんね。

 

CROのCRA(臨床開発モニター)は勉強も必要

 

勤務時間だけがんばれば言い分ければなくCRAの場合は新しい薬の開発の知識を入れていくことや、病院に足を運んでコミュニケーションを取る能力が必要になってきますので本当におすすめです。

 

まとめ

 

どの職種にもメリット・デメリットがあります。職種というよりかは、その立地条件・職場によって大きく変わってきますので働く前にしっかりと確認することが大事になってきます。

 

でも、そういったことは外部からなかなか確認できないこともあるのですが、薬剤師の求人エージェントは無料で使えるサービスでコンサルタントも付き、職場の雰囲気を知ることや見学などにも対応してくれますので、気になるのであれば人の多さ、職場の雰囲気、人間関係、現場の声など、気になる部分があれば聞いてもらうようにしましょう。


ホーム RSS購読 サイトマップ