勤務体系

職種によって変わる勤務体系と夜勤や休日・残業について

 

薬剤師の仕事は職種によって勤務時間や勤務体系が大きく変わってくるのでできればその職場を決める前にしっかりとチェックしておくことが大事になってきます。
新人薬剤師の人の中にはこんなに長時間働くはずじゃなかった、このまま結婚・出産となったときに今の働き方だとちょっとキツイって感じてしまうことも。

 

薬剤師の勤務時間は基本的に8時間で普通の会社と変わりませんが、この多くは調剤薬局になります。

 

調剤薬局の場合は9時から17時まで働いて、昼に一時間の休憩が認められているところが多く、そして店舗の営業時間が終了するとともに家に帰ることができるようになります。
残業はほとんどないといってもいいのですが、研修などがある場合や、ゴールデンウイークや年末年始前に患者さんが増ええる場合は残業時間が伸びることがあります。

 

病院・製薬会社と夜勤の関係

 

 

病院・製薬会社の薬剤師の一番の特徴は夜勤の有無になります。病院薬剤師の場合は病院が開いている9時〜17時まで働くことが多いのですが、休日にも患者さん注射や点滴などをするのでたとえ休日であっても仕事をしないといけないことも多いです。

 

そして製薬会社の場合は基本勤務は9時〜17時ぐらいの仕事なのですが、MRなどの場合は打ち合わせ・資料作りなどに時間を取られるためかなり時間が長引くことになります。

 

ドラッグストア結構残業が長い?

 

最近は薬剤師さんもドラッグストアで働くことが多くなってきているのですが、ドラッグストアは基本的にシフト制になるので結構夜遅くまで働く人もいます。体力や時間的に余裕を感じる場合は長時間働くことができます。その反対で子育てなどで忙しい薬剤師さんもパートで3時間程度働くことができるのである程度融通が利きやすいといえます。

 

もちろん、レジから品出し、など薬とは関係のない業務もこなすことになりますが、店内での地位も高く、そしてそこまで重い責任がかかってくるわけではないので気軽に資格を活かして働きたい人にはかなり向いています。

 

管理薬剤師の場合はどう?

 

その店舗の責任・管理を任される管理薬剤師なのですが基本的には週40時間の勤務になることが多いです。ただ、最近の求人サイトでは週32時間で募集しているところも結構増えているのでチェックしておいてもいいですね。

 

ただ、管理薬剤師の立場上かなり広い仕事の幅になりますし、トラブルなどが起きた場合などは残業になってしまうケースもあるのでそこは意識しておきましょう。

 

働き方とバランスを見極めよう

 

まず自分の働き方とか体力・生活環境などを見てどれぐらいだと自分が一番働きやすいのか?ということを考えないといけません。その上で満足のいく給与が得られれば、それはまさしく自分に合った職場と言えますね。

 

もしも、いま、自分の勤務体系・仕事がしんどい辞めたい・給料に満足が行っていないのであれば薬剤師の求人サイトをチェックしておくようにしましょう。

 

〉〉薬剤師を辞めたい時にチェックすべきこと


ホーム RSS購読 サイトマップ